top

koboti-ya/東京デザイナーズウイークコンテナ展2003  写真:小林俊之

われわれの考える住まい

歴史と伝統の都市から家づくりを発信する

われわれはデザイン(creation)を始める時 言葉、空間、時間のもつ意味をまず解体します あるいはフラットな状態に戻す、既成概念から離れるといってもいいでしょう。 そこから再び組み上げられる空間やデザインは まったく新しいものではなく古くからある意味性を 再び現在の状況にあわせて再構築したものです。

クリエーターですから 新しい物事を生み出したいとおもいながら、日々、思考をめぐらすわけですが 新しいものを求めると必ず古いものの持つ意味性にぶつかります。 新しきを訪ねて古きを解するといったところでしょうか... 我々は一見すると現代的な建築の設計を行っているように見えます。

しかし伝統的な建物にある魅力のもつ意味を再考し、リスペクトし、 それらの精神性を未来へ向かって、再構築していくことが われわれの未来へ向けた設計活動です。